中華そば 札幌煮干センター

さっぽろにぼしせんたー

所在地
北海道札幌市厚別区もみじ台北6-1-30 イオルもみじ台 1F [地図]
営業時間
11:30〜15:00 17:00〜21:00
定休日
定休日無し(但し稀に夜の営業が無い場合あり。詳しくは公式アカウントや店舗等で確認お願いします。)
電話番号
011-378-4700
公式URL
https://www.facebook.com/chyuukasoba.sapporo.niboshi.center
https://twitter.com/yahmank711
https://www.instagram.com/chyuukasoba.niboshi

煮干そば(細麺)

750円

19年04月21日

7.5

前回は江戸系という言葉に惹かれて中華そばを頂いたが、今回は店名にも冠している煮干そばをオーダー。
スープを一口、以前他の店のレビューでも書いたが、煮干しを扱うお店は大きく2つに分かれる。煮干しの苦みもえぐみも丸っと味わえる様に作るお店と、苦みとえぐみを極力排除して調理するお店だ。このラーメンは前者で、自分はどちらのタイプも個性として楽しめるので美味しく頂けるが、煮干しが苦手な人にはきついと思う。スープをじっくり味わってみると、まず優しめの旨味が感じられ、少し遅れて心地よい苦みが口の中に残る。煮干しメインとは言え、少し煮干しに傾倒しすぎな気もするが、塩加減も丁度良く、全体としては悪くない。
細ストレート麺はぷつっと歯切れが良いタイプで、スープとのバランスは良い。
メンマは柔らかめで甘い味付けに仕上がっていて、思いの外味付けは強めだった。
ネギは少しスープの味に埋もれ気味ではあるがそれなりに薬味として楽しめ、麩は苦みがそこそこ強いこのスープを吸わせて食べるには少しサイズオーバー感がある。
海苔自体の風味や味は少し物足りなさがあるが、スープとのマッチング感は良い。
少し厚めのチャーシューは強い味付けは無く、肉自体の旨味もまずまず楽しめる。脂身が少なめなのは個人的に好印象。
店名に煮干しと銘打っているだけあって、煮干し感は強めで楽しめた。煮干しの外にもう一本味の柱がある方が一本調子になりにくく、煮干しの良さももっと引き立つのかな?というのが食べ終わった率直な感想。まるっと煮干しを楽しみたい煮干し大好き人間にはオススメしたい。ごちそうさまでした!

江戸系中華そば

600円

19年01月26日

8

メニュー説明によるとこの店で一番あっさりしたラーメンらしいが、予想していた色より大分濃い色の一杯が運ばれてきた。
スープを一口、よくある魚介系中華そばとは一風変わった風味があり、パンチがあるのだが出汁の味も醤油の旨味もしっかり感じられる。見た感じそこまで脂が多くは見えないが、唇が少しベタつく程度にオイリーで、醤油ラーメンとしては決してあっさりした部類ではなく、不思議な美味しさがある。
麺は硬めの細ストレート麺で、プチンとした歯切れの良さがありスープとの相性は申し分ない。
メンマの味付けはほどほどに控えめで、ネギはスープに負けない味の強さがあり、薬味としていい仕事をしている。
チャーシューは少しパサついた感じがあり、スープの強さを考えるともう少し大人しめの味付けでもいいと思う。
材料の中に海老を使っているらしいコチュジャンの様な辛味の素をスープに溶かしてみる。海老の風味と辛味がスープにプラスされるのだが、どういう言葉で表現したらいいのか悩む…一番しっくりくるのは活性化。この辛味の素を溶かしたことによりスープ全体が活性化され、溶かす前よりも美味しく感じられる。この取り合わせはとても好みだ。
何かをスープに入れたり溶かしたりして味を変化させるという手法はよくあるが、このスープと辛みの素の取り合わせは、目先を変える感じではなく美味しく食べる為の物に感じられた。ごちそうさまでした!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする