らぁめん銀波露 江別本店

らぁめんぎんぱろうえべつほんてん(ramen ginparou ebetsu honten)

江別市に本店を置き、札幌市内に数店舗を展開しているお店。

所在地
北海道江別市大麻ひかり町45-10 [地図]
営業時間
11:30~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日
定休日無し
電話番号
011-387-0010
公式URL
http://ginparou.com/
https://twitter.com/ginparou1221
https://www.instagram.com/ginparou_official/

香ばし醤油

780円

21年09月11日

7.5

少しお昼時を外したのだが、満席で少し待ってから入店。スタンダードメニューを食べていなかったので、一番シンプルであろうこちらをオーダー。
スープを一口、焦がし醤油の様な香ばしさが楽しめるスープは、散らしてある胡麻の風味と相性がよい。力がある動物系の土台に醤油が適度に合わせられていて、甘味が感じられる仕上がり。後味として口に残る塩気は少々強めで、舌の付け根あたりにしょっぱさを感じる。
中細で軽くウェーブのかかった麺は、シコシコした食感。程よいコシがあり、スープとは合っている。
メンマに強い味付けは無く、この濃度のスープに使う仕様としては悪くない。
ネギは尖った所がない優しい性格で、薬味というよりは具材としてよい感じ。
玉ねぎは大きめなカットがスープとマッチしていて、甘味があって美味しい。
チャーシューにパサついた感じは無く、肉の旨味を楽しめる。
「まとめ」
奥行きや繊細な旨味を楽しむという感じではなく、割とパワー系な醤油ラーメンという印象。動物系の土台にしっかり力があるので、ずしっと食べ応えがあり、ガッツリと食べたい時によいと思う。ごちそうさまでした!

にぼし燻製醤油

880円

19年01月29日

7

燻製の香りがしっかりと立っている一杯が運ばれてきた。
スープを一口、メニューをみると煮干しを凄く強調しているがそれ程の煮干し感はなく、それ以上に動物系の主張が強い。こってりとした甘味と塩気が共に強く、くどさとしょっぱさが気になる。
細ストレート麺は少しコシが物足りなく、スープの持ち上げ量は多め。このスープに対しては麺が弱く、その上絡むスープの量が多いので麺が力負けしている。もう少し太い麺の方が良いかもしれない。
大きくカットされたキクラゲのコリコリ感は若干弱めだが、スープの強さに対してこの大きさはバランスがよく美味しい。
小口切りされたネギは言うまでもなく埋もれ気味で、タマゴは燻した様な風味があり、味付けは控えめ。
豚バラのチャーシューは脂身が多く、味付けは控えめなのだがこのラーメンにはくどい。
みじん切りされた玉ねぎは一際いい仕事をしており、レンゲにすくって頂くと口の中がさっぱりとして脂っぽさをある程度スッキリとさせてくれる。
全体を通して推している程の煮干し感はなく、脂っこさと動物系の味の強さの主張が強い。味の土台はしっかりしているし、麺をすするたびに燻製の良い香りが楽しめるのは良かったのだが、食べ始めから食べ終わりまでの過程をもう少し意識してバランスをとってもらえると、スープと具材の良さを素直に楽しめると思った。ごちそうさまでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする