麺屋 雪風 清田店

ゆきかぜきよたてん

令和元年初日にオープンした、すすきのに本店があるお店

所在地
北海道札幌市清田区美しが丘1条5丁目1−1 [地図]
営業時間
平日 11:00~15:00 17:00~22:00
土、日曜日・祝日 11:00~22:00
定休日
定休日無し
公式URL
http://menyayukikaze.com/

辛味噌らーめん

900円

19年07月17日

7.5

このお店の味噌らーめんをどういう風に辛くしてあるか、実は結構興味があった。
スープを一口、少し尖った風味のあるスープのスパイシー感は控えめ。ベースが丸みのある味だからか、辛味もさして強く無く中途半端な感じ。香辛料などを加えた事で埋もれ気味だが、丸みのある旨味は感じる事ができる。後味は優しめの旨味と軽い辛味、そして少し強めの塩気が口の中に残る。
中細の縮れ麺は心地よいコシの強さがあり、シコシコした食感。味噌に埋もれない力がある。
キクラゲはプリプリしており、噛み心地はコリコリとしている。
メンマは軽く甘味があり、香りづけなのか素材の香りが強いのか?良い風味がある。
ネギはシャキっと仕上がっていて、ネギ辛さを少し感じる程。良い薬味だと思う。
肉厚のチャーシューはパワフルな噛み応えで、赤身の旨味を楽しめる。脂身の甘味と良い感じに調和していて美味しい。
丼の底から出てくる挽き肉は、相変わらずスープを吸ったジューシーさが美味しい。
前回頂いた濃厚味噌らーめんの個性を、辛味が覆い隠してしまっているという印象。冒頭でどういう風に辛くするか…という事を書いたが、この方向の辛さをプラスしたのは少し残念。濃厚味噌らーめんのスープが個性的で美味しいだけに、もう少し元の良さを活かす方法があると面白いのだが。ごちそうさまでした。

濃厚味噌らーめん

800円

19年05月03日

8.5

平成から令和へ。「令和に変わった実感がなかったんですけど…(略」という某芸人さんのコメントに頷きつつ思い出したのが、この令和元年初日にオープンしたお店だった。
スープを一口、軽くトロミを感じるスープは少し強めで芯のある風味が感じられ、味わいはまろやかで柔らかい口あたり。鶏白湯の様なじわっとくる優しい旨味に、味噌がきつすぎない程度にきいている。動物系の旨味がしつこさを感じさせない、塩加減も丁度良い美味しいスープだ。
中細の縮れ麺はしっかりしたコシがあり、濃度の高いスープに負けない力がある。少し残念だったのは、口の中で麺とスープを同時に味わっていると、スープ単体で味わった時に一番の魅力を感じたまろやかさが少し麺に押されて減衰気味だという事。
白髪ねぎはイメージしていたよりもマイルドな風味で、ネギ辛さはなく程よい強さ。輪切りねぎは逆にイメージより濃度のある風味があり、どちらも大量に口に運ばずとも薬味としての役割をしっかり担ってくれる力がある。
見た目にもでかいキクラゲは、この大きさならではのプリプリ感が楽しめ、噛めばコリコリとした心地よい食感を楽しむ事が出来た。
豚チャーシューは脂身の割合が多い上に味付けも強く、このスープに入れるには少々くどさが目立ち、肉の旨味を味わう余裕が無かった。鶏チャーシューは肉の旨味を楽しめる程よい味の濃度で、味噌との相性も良く美味しく頂いた。
食べ進めていくと丼の底からひき肉が顔を出すのだが、これが良い仕事をしている。レンゲですくって頂くと、肉の旨味とスープの心地よいコラボが楽しめる。
このお店の味噌ラーメンは、いわゆる札幌味噌ラーメンと呼ばれるものとは違う。札幌味噌ラーメンが食べたいという心持ちでこのラーメンを頂くと、肩透かし感を感じる方も多いかもしれない。個人的にスープの仕上がりがとても好みで、味のバランスが良く、とてもまろやかに仕上がっているスープは一度味わってみる価値があると思う。またお邪魔させて頂きます。ごちそうさまでした!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする