西洋料理・麺 ヌイユ(nouille)

せいようりょうりめんぬいゆ

地下へ続く階段の下り、右へ曲がるとすぐにお店があります。

所在地
北海道札幌市中央区南1条西9-15 B1F [地図]
営業時間
11:30〜15:00 17:00〜23:30(ラストオーダー23:00)
定休日
日曜日
電話番号
011-213-0115
公式URL
http://sapporo-nouille.com/

860円

21年02月04日

9.5

華美になりすぎず落ち着いた店内は、「居心地が良い」という表現がピッタリ。「定番の麺料理」と「季節の麺料理」という2ジャンルにラーメンがカテゴリ分けされており、季節の方の商品名に興味を引かれまくりながらも…初来店なので定番のメニュートップに書かれたこちらをオーダー。
スープを一口、ふわっと良い香りが漂うスープは、塩のきかせかたが絶妙で口あたりが優しい。角は全く感じないが物足りなさは全く無く、一口目をいただいた段階から完飲を確信。鶏系の旨味が上品だがしっかりと堪能でき、口の中に生ハムの良い風味が広がっていく。アクセントとしてブラックペッパーがきいており、食欲を煽るが優しいスープを壊さない抜群のバランス感覚。生ハムの性格が活きているからなのか、ラーメンに洋のテイストが上手く融合したとても美味しいスープだ。
中細ストレート麺は歯切れ感が心地よく、香りや甘味もしっかり楽しめる。スープとの相性は抜群。
良い歯応えの小松菜は、ほろ苦さがスープと合っていて美味しい。
ネギは尖った所のない優しい風味で、甘味を感じる仕上がり。あまりお目にかかれない感じで、どういう下処理をしているのか興味が尽きない。
穂先メンマは柔らかな箸休め仕様で、素材そのものの美味しさが伝わってくる。
箸で持ち上げた感じがプリプリな鶏チャーシューは、しっとりとした食感。僅かに下味がついているか?旨味十分でとても美味しい。
卵黄のみの味たまごは、ヨーグルト?どこか乳酸発酵系の風味があり、ねっとりと良い食感で美味しい。
スープも具材も個性で溢れていて、ラーメンという言葉を聞いて想像する味からは一線を画す仕上がり。複雑で繊細な旨味がしっかりと味わえるのだが、すっきりと見通しの良い一杯に仕上がっているのが凄い。店名に西洋料理とあるので、自分が普段あまり触れる事がない調理法や調味料が用いられているからというのもあるかもしれないが、美味しいだけでなく個性的であるところにとても感銘を受けた。次回は「季節の麺料理」の中から何かいただいてみようと思う。ごちそうさまでした!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする